楽しそうな仕事だけど実際はどう?ドライバーの仕事内容と求人の探し方

職種によって異なるドライバーの仕事内容

ドライバーは文字通り車の運転をすることが仕事になります。一口に車の運転と言っても、物流や送迎など運ぶ物によって仕事内容が異なります。物流は指定された場所に荷物を運ぶのがメインで、長距離移動から近隣のエリアのルート配送まで複数の仕事から選ぶことができます。送迎はタクシーを始めとした人を目的地まで送り届けるのが主な役割です。送迎ドライバーの中には、企業の重役などの専属としての働き方もあります。

ドライバーとして働くメリットや注意点

仕事をする上で大きなメリットして挙げられるのが運転技術の上達です。業務の大半を車両の運転に費やすため、必然的に技術が上達して行けます。また、送迎のように不特定多数の目的地に行く仕事では、技術と共に地理にも詳しくなれるなど、仕事で得たスキルをプライベートでも活かせるのがこの仕事の魅力です。収入面に関しても、一般の仕事に比べて高水準となっていて、生活の安定が図れます。その反面、気を付けなくてはいけないこともあって、その一つが体に掛かる負担です。車の運転は簡単そうに見えて肉体的、精神的な疲労が大きいと言われています。特に高速道路など一定のスピードで走り続ける長距離ドライバーは、通常よりも負担が増えるので注意が必要です。

求人を探す時の見極めポイント

仕事内容を問わずドライバーの多くは求人サイトなどで見つけることができます。とはいえ、同じ仕事内容でも給料を始めとした福利厚生から勤務時間に至るまで、条件は細かく違うので注意が必要です。ドライバーの仕事を探す時は、自分が重視する条件を明確にすることがポイントになります。ただし、希望する条件が多過ぎると選択肢を狭めてしまうので、ある程度の妥協することも忘れてはいけません。

三重のドライバーの求人情報には、多種多様な仕事内容がありますが、ドライバーの仕事は勤務時間が変動しやすいため、あらかじめどのくらい残業時間が発生するのかを確認しておくことが大切です。