トラックドライバーの仕事っていいの?メリットとデメリット

全国の地理に詳しくなる

ドライバーには様々な種類があり、物の流通を支える存在であるトラックドライバーをはじめ、人を目的地まで運ぶタクシードライバー、日々の生活を支える配送ドライバーなどが主なものです。ドライバーの種類に限らず、地理に詳しくなるということがメリットといえます。仕事があれば、それぞれの場所へと赴き、走り回ることになるので、必然的に地理に詳しくなるでしょう。

全国各地へと行くことができる

ドライバーの中でも、全国各地へと荷物を運び、流通を支えることになるトラックドライバーは、広い仕事範囲がメリットとなります。日常的に暮らしていくだけでは行くことのないような場所でも、トラックドライバーならば行くことができます。運び先で良い店や観光地を見つけることができれば、プライベートな生活を充実させることもできるでしょう。

需要が常に高い仕事である

トラックドライバーの仕事のメリットは、常に需要が高いということです。人々の日常生活を支えるためには、あらゆるものを全国各地へと運ぶことは必要不可欠です。トラックドライバーの仕事はその役割を果たし、常に仕事があるので、職にあぶれる心配が少ないでしょう。トラックドライバーにも種類があり、大型特殊などの専門的な免許が必要なものもありますが、普通自動車免許で働くことができるものもあります。キャリアや資格を重ねていけば、仕事の幅も広がり、より多くの仕事をすることができるようになります。

長時間労働になりがち

トラックドライバーの仕事のデメリットは、長時間労働になりがちであるということです。物流の仕事の場合、高速を利用して休憩をはさんでも5時間以上の仕事をしなければならないこともあります。長時間トラックを運転することは、きつい仕事です。

ドライバーは高収入が期待できる反面、長時間の運転など激務になりやすいので注意が必要です。京都のドライバーの求人を探す時は、給料だけでなく、勤務時間や福利厚生についての確認も忘れてはいけません。